CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。昨年と変わらず、今年もどうぞよろしくお願いいたします。新しい年がみなさまにとってすばらしい一年となりますように・・・m(_ _)m

年賀状2014
2014年の年賀状です。娘の妙なカッコは、昨年の文化祭は舞台劇の時のもの。

新年といえばまずは年賀状。しかしながら基本的に筆無精もんでして、いちおう年賀状は作ったけどあんまり出した覚えがないな・・・(大汗

ということで、ブログ中に掲載することで失礼いたします(爆

さてさて、本日は正月七日。七草がゆの日ですね。年末まで忙しく働いて疲れ、今度はお正月のごちそうでまた疲れた胃腸にやさしいお粥を食べましょう!という日です(^^)

七草セット
愛媛県産七草セット。西条市の名水『うちぬき水』使用!って書いてありました。

今年も七草セット売っています。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、と一通り入っているので、洗って刻んでお粥に入れればヘルシーな七草がゆの完成です。本来は『七日の朝』に食べるものなんでしょうけど、実際のところは七日の晩に召し上がる場合も多いみたいで、七日当日にもけっこう売れます。ちなみに我が家では七日お昼過ぎ現在・・・まだ食っとらんです(^^;)
| 日常風景 | 14:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
太宰府天満宮
この地を訪れるのは、かれこれ4年ぶりくらいでしょうか。前回は娘っこ連れでわが子供たちの学業成就祈願。…ついでに観光だったっけ(^^;)

太宰府天満宮
太宰府天満宮本殿。手前あるのはその神木とされる飛梅(とびうめ)の木。

平日ということで人出もまばらです。さらにシーズンオフ期のためか参道の土産物店も、休業や改装中のものがちらほら。駐車場も空いており、いちばん近くの公営駐車場の、これまた最寄りに止めることができました。しかしながら妙に気になるのは周りの観光客の方々。ヘンなイントネーションの方言だなと思って聞き耳を立てていたら、どう聞いても日本語にあらず。かの地の言葉はとんと存じませんが、どうやら中国や韓国の方々。菅原道真公の御利益は海を隔てた大陸にまで及ぶものかとワケの分からん感心をしつつ、九州という地が大陸に極めて近いという現実をも再認識させたのでした。

それはさておき、今回は同伴者なしのお気楽日帰りひとり旅です。来年は息子が大学、娘が高校のダブル受験生。せっかく本年最後のまともな休日にお出かけするならばということで、例によってカメラを抱えて撮影がてら合格祈願に参らせていただきました。合格祈願、というより勉強そっちのけでゲームだのネットだのやっている連中に、少なくとも努力するという気概を注入したい!と思っているワタクシにこそ、その教育力を、と念じたような気もしますが(T_T)

ひょうたん
奉納された無数のひょうたん。ひとつひとつに人々の熱い思いがこもっています。

実は今回、祈願というよりお礼参りという趣旨です。学業成就といえば息子が志望の進学高校に受かって間もなく無事に卒業を迎えますし、娘にしてもそれには及ばずとも中学校の学業に精を出してくれているようです。また前回訪れたとき、ネットで知り合った方のお嬢さんの合格もいっしょにお願いしたのですが、これまた見事合格。その時のお礼も兼ねています(^^)

最近では仕事がさらに煩雑さを増し、丸一日ゆっくり休みという日も少なくなってきました。職場と家の往復以外には近場ですらなかなか出かけることもできずにいますが、次にここを訪れることができる日が近いことを願いつつ、その時にはまたお礼が言えたらいいなと思っています。
| お出かけ | 20:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
星華祭2013
娘っこ、中学生活最後の文化祭『星華祭2013』です。2日間の日程の最後を飾る、もはや恒例となりつつあるミュージカル劇、今回は『夢から醒めた夢』。生と死との狭間に拡がる夢の世界に迷い込んでしまったヒロインの物語です。娘っこの出番は・・・脇役中の脇役、かの地へと旅立つ子供たちの一人、です(^^;)

しかしながら脇役とはいえ、ヒロインとの会話があり実は歌のソロもありというビミョーなれど重要な役どころ。体型ではビジュアル的に見るにイマイチ、動きでは問題外というハンデを背負いつつも歌ではイケる!という一部の強力な押しにより役をゲットしたとかしないとか(T_T)

夢から醒めた夢
魅せどころ、ソロシーン。娘、魂の熱唱。

幸か不幸か丸顔のうえ背があまりないので、こういうカッコすると子供役がバッチリ決まり、劇中でもほかの子以上に違和感なく子供役にハマって親としては嬉しいような妙にアタマ来るような。まあ役者系指向の娘ゆえ、夢が叶うかどうかは知らんけど半分は嬉しいような、なにやらありがたげな…。まあ、いいか(^^;)

息子の文化祭に続き、娘の文化祭も終了。これにて学校行事の撮影もほぼ終了かと思うと、少々さびしい気持ちです。シャッターを切る瞬間は、その最高の表情を捉えるために全神経を集中し、実力なりにも持てる機材の最高性能を開放させて撮影してきたつもりです。中でも難しかったのがこういった舞台撮影でした。撮影位置が限られる上に暗くて明暗差が激しいという一眼カメラ使いでさえ困っちゃう条件で、こういう写真が一枚でも撮れたことが収穫だと思っています。よかったらヨメ入り写真の一枚に使っちゃってくれたまえ、娘よ(^^)
| 行事 | 20:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
中秋の名月2013
空を見上げると、かけ始めた月の姿が昼間でも。そういえば19日は満月、中秋の名月でしたね(^^)

お月
まんまるお月様。手持ち機材の最大望遠でも、フィルムサイズ上の大きさはわずか約4mm。仕方ないので、必殺拡大トリミング(爆

この日お月見には絶好の快晴。雲間からかすかに顔を出す月もまた風流でいいですが、今回のような快晴ならば望遠鏡などを使っての月面観察にも最適ですね。時刻は午後7時過ぎ、ヒマをもてあましていた娘を連れてベランダから観測です。天体観測用などという気の利いたものは持っていないので、野鳥観察にも使用している年代ものの小型双眼鏡といつものカメラ機材を使いました。娘は愛用のニンテンドーDSの動画撮影機能を使ってチャレンジ。

結果はご覧の通り、一眼レフでの写真は拡大すれば何とか見られるレベルに。さすがに娘の動画は月明かりだけでは暗すぎて、親子漫才の音声のみ記録されただけに終わりましたが、本人は撮影そのものを楽しんだようで画が映っていないことはいっこうに気にする気配もなく(ToT)

晴天の満月は意外にも明るくて真昼の10%前後の明るさがあるらしく、実際にカメラを月に向けてみればISO感度100相当でも1/500秒近い高速シャッターが切れる明るさ。その明るさに驚きつつあとで息子に話したら、当人も月の光でも太陽光のような鮮明な影ができたのを観察したことがあると教えてくれました。太陽と同じくやっぱり月の光も鮮明な影のできやすい点光源なんだねぇなどと納得しながらも、素朴な観察眼を持っている、さすが興味のカタマリとヘンに感心。思うにコイツも『不思議』をいっぱい抱えたまま大人になっていくんでしょう。まさに『見た目は大人、頭脳は子供!』

・・・血は争えんな、やっぱり(^^;)
| 日常風景 | 15:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
運動会2013
ちょうど8月終わりから9月はじめにかけては雨続き。これがまたちょうど運動会と重なっていたもんだから、日程調整でワタクシたちも学校もてんてこ舞い。先のブログに書きましたが、特に息子の運動会は流れに流れて延期を繰り返すこと実に4回。ようやく開催にこぎ着けた時には、雨ざらしで放置された苦労の運動会オブジェは無残な姿に(T_T)

オブジェ
さすがに保存性を考慮したものではないので、雨に打たれると段ボールが溶ける・・・(涙

先生方や生徒たちが苦労したであろう名物のオブジェは、ご覧のありさま。しかしながら、それにもめげることなく笑顔で運動会に臨む子供たちの表情は、悲壮感のかけらも感じさせることなく、むしろ力強さに充ち満ちたものでした。いやー、やっぱり若いってスゴイ(^^)

待ち時間
待ち時間中の息子。見た目、ちょっと退屈そう。


いつもマイペースのコヤツは、いつにも増して飄々とプログラムをこなしている様子。この当日、ワタクシはさすがに日程の工面がつかずにじかに行って見ることはできず、代わりにカミさんが写真やビデオを撮ってくれたのを見るしかなかったのですが、当人は帰ってきて一言『疲れたー!』だそうですので、意外と高校最後の運動会を楽しんできたようです。

さらにその後。今度は娘の運動会です。やれやれ、せわしないったらありゃしない(^^;)

こちらは天候は少々怪しかったものの、日程通り決行となりました。中学校最後となる運動会です。

グラウンド
前日までの雨の影響も少なく、グランドコンディションはまずまず。

今度ばかりは休みを取っていたのと天候が回復基調だったのとで、とんでもない量の機材を抱えて出撃。食料や熱中症対策のテントや大量の飲料も含めるととても手で持てる量じゃなかったので、荷車がわりの自転車とキャリーバッグまでも総動員しての運搬です。雨が降ったらどうすんだと自分自身でツッコミたくなる状況ではありますが、息子の運動会が撮れなかったぶん、異様に気合いが入っています。いやー、あとから思えばホント、お天気さまさまだったかと(^^;)

よろこぶ
破顔一笑。勝利の瞬間。喜びが大爆発。800mm相当の超望遠が捉えた一瞬。

今回は自身史上初のアナログ・デジタル両一眼レフ3台同時使い。報道カメラマンならいざ知らず、ロロノア・ゾロばりの三刀流には四苦八苦でしたが少々の苦労のかいあってか、ちょっとはいい場面に出会えました。このカットはタイヤ奪い合戦での一コマ。狙っていたとはいえ日頃ヤツのこういう表情を見ることはあまりないので、こっちも喜び至極。カメラオヤジの面目躍如でありますな(^^)

これにて、我が子供たちの運動会撮影はほぼ終了。娘の高校は残っていますが、運動会に父兄観覧の少ない高校は多いので、無理に撮影に行ったらどう見ても『女子高生をカメラでつけ狙う素顔の変態仮面(笑』なので、チャンスは少なかろうかと。…と言いつつ、よほどヤバそうな雰囲気じゃなかったら、やっぱり臆面もなく出かけていくんでしょうけどねぇ(^_-)
| 行事 | 16:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
延期
このたびの台風15号とそれが変わった温帯低気圧による豪雨により、先の山口県北部と島根県において降った豪雨災害に続いて再びの被害がないことを祈りつつ、被災された方々にお見舞いを申し上げたいと思います。

さて、台風といえば強風とともに時には豪雨災害をももたらしますが、その雨は農作物にはもちろん飲料・工業用水などとしても利用される貴重な水資源でもあります。今や水道の栓をひねりさえすればいくらでも水が得られるかのような時代ゆえに、台風イコール『災害をもたらすやっかいもの』という迷惑なイメージしか思い浮かびませんが、古くから日本では台風と戦いつつもうまく付き合ってきたといえるような気がします。

貴重な水をもたらす台風ですが、しかしながら晴れていないとちょっと困る、ということがあるのも確か。稲刈りも雨じゃできませんし、地面がぬかるめば運動会もお流れです。こればっかりは如何ともしがたい…ということで、昨日に予定されていた息子の孝行の運動会は今日に延期、しかし今日も雨のためにまた延期、とうとう運動会は火曜日になってしまいました。ありゃりゃ。

ゴン太、雨で退屈中
ゴン太、雨なので退屈しているようです。

ワンコも雨は苦手のよう。お庭番・ゴン太も屋根の下、雨でも濡れる心配のない、お気に入りの場所から動きません(^^;)
| 行事 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
角島大橋
山口県の北西のほぼ端っこ、旧豊北町(現在は下関市豊北町)の日本海に浮かぶ離島・角島(つのしま)と本土を結ぶ『角島大橋』を見に行って参りました。言ってしまえば単なる橋なんですけど、風光明媚な地に溶け込むような姿は、観光名所にもなっています(^^)

角島大橋
写真では分かりづらいですが海も本当にキレイ。まるで沖縄かどこかのようです。

写真の時刻はちょうどお昼過ぎ。真夏の太陽が照りつける中、橋を通る車が途切れる瞬間を待つこと実に2時間半。ようやく途中にある駐車帯に止まっている車以外が途切れた瞬間を撮影。いやー、やたら暑かったし待ちくたびれましたワイ。よく熱中症にならなかったものです。我ながら無謀というかアホというか(^^;)

この橋、ご覧の通り眺めがいいので車などのCMによく使われることでも知られています。しかしながら角島には古い石造りの『角島灯台』という観光名所があり、橋自体も観光名物であり生活道路でもあるためけっこうな交通量があって、その撮影には並々ならぬ苦労があるのだとか。天候が良くなければならないのはもちろん、ほかの車が映っちゃったら即NG、撮り直しの憂き目に(T_T)

そんなこんなで十数秒のシーンを撮影するのに数日を要することもしばしばだそうで、実際に『とりあえず走っている車がいなくなる瞬間』を待つだけでこの苦労ですから、CMやポスター写真のような本格的なヤツを撮ろうと思ったら…。ワタクシ、そんな根性ないです(爆

この日は晴天・真っ昼間の撮影のためのっぺりした写真になってしまったので、次はぜひとも夕景に挑戦してみたいと思います。
| お出かけ | 10:41 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
桜桃、たわわ
庭のユスラウメが実を結びました。花がたくさん咲いたので実も期待していたのですが、期待に違わず小さな赤い実がたくさんなっています(^^)

ユスラウメの実
ユスラウメたわわ。

小さなサクランボに似たその実は、味もサクランボに似たちょっと甘酸っぱい爽やかなものです。さすがに小さい分、真ん中にしっかりとしたタネが入っているので食べられる部分は少なめですが、毎年の風物詩として食べてみるのがちょっとしたワタクシの楽しみになっています(^^)

年によって多い少ないの違いはあれ、いちおう実がなっているので、落ちた実から芽が出て二世誕生(?)を楽しみにしているのですが、こればかりはナゼかひとつもお目にかかれません。意外と気に入っている樹木なので、ぜひとも2本に増やしたいんですけどね(^^;)
| 日常風景 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/28PAGES | >>