CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 冠雪 | main | 桜桃、満開 >>
あれから二年
東日本を襲った大震災から、早くもまる二年が過ぎました。失われた尊い命を思う深い悲しみは未だ癒えることなく、今も手がかりすら残さないまま戻らぬ家族を探し続ける人々の声は、胸に突き刺さったままです。原発事故に伴って拡散した放射性物質の除染も、汚染土や汚染水の仮置き場すら決まらない事態の前に遅々として進まず、雑草の繁茂する故郷を目の前にした人々の足を阻み続けています。それでも、時間はとまることなくもう二年もの時間が過ぎ去りました。すべての人々に心安らかな春が訪れる日が、一日も早いことを願っています。

ワタクシ、被災地より遠く山口県在住ですが、被災地とはまったく無縁でもありません。我が家のお庭番・ワンコのゴン太が福島県生まれなのです。今年10歳の大台に乗った老犬ですが、生まれたのは2003年の福島県は旧・原町市(現在の南相馬市の南部)。大事故を起こした福島第一原子力発電所からわずか20kmたらずの距離です。ゴン太のきょうだい犬やブリーダーさんたちの穏やかな生活の舞台だったであろうその地には、放射性物質による居住困難区域や居住制限区域が広がっており、とても気がかりなれど、残念ながらその消息を知る術は持ち合わせていないのです。

ゴン太
遠く故郷の惨状を知ることもなく。正式犬名『バドー・オブ・フクシマ・サクラ・ジェイ・ピー』。その名に誇る『フクシマ』の文字。

震災から二年もの時間がたったためか、今では被災地に向かう義援金やボランティアも減っているとか。特に義援金の減少によって、各支援団体の活動には深刻な影響が出ているそうです。何かせずにはおられないけれど、自分に何ができるのか。考えて、できることから一つでもしようと思います。
| 日常風景 | 09:47 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
もう2年も経つんですね・・・。
時が過ぎるのが、とても早く感じられます。
ニュースを見ていても、あまり良いとは言えない報告も多く、残念に思います。

さて、ゴン太の実家が福島県とは・・・初耳でした。
(私が忘れていただけかも知れませんが・・・)
ある意味、ゴン太は幸せなのかもしれません。
他のきょうだい犬がどうなっているのかは、私にも分かりませんが、ゴン太は、自分の生まれ故郷が悲惨な事になっているのも知らないのです。
知らずに、普通にご飯を食べ、普通に寝て、毎日を過ごしているのですから。
きっと被災地では、飼えなくなって泣く泣く愛犬を手放した方々もいるはずです。
それを思うと、胸が苦しくなりますね・・・。
だからこそ、私たちは精一杯我が愛犬を、愛さなくてはならないと思います。
それを、この記事を見て、改めて思うことができました。
お父さんのようなことを思ってくれる人がいて、
ゴン太は幸せ者だな(笑)

最近、ゴン太とふれあう時間が少なくなってきた私ですが、これからはなるべくゴン太と少しでも多く過ごせるようにしていきたいと思っています。
| ぶぶにゅん | 2013/03/12 12:19 AM |
うーむ、やっぱり忘れとったか、娘よ(^^;)

それはそうと、書いてくれたとおり被災地では復興が思うように進まず、家族のようにいっしょに過ごしてきたペットたちと暮らせなくなった人たちがたくさんいる。もう二年も経つのに、家に戻れない人も多い。悲しいことだ。

我が家では福島からやってきたゴン太が元気に暮らしてくれている。ずっと大切にしてやりたいと思う。

願わくば、ゴン太のように元気に家族と暮らせるワンコが一匹でも増えてくれることを祈りたいね。
| いもむし | 2013/03/12 1:36 AM |
やっぱり、一度言われたことだったか(笑)

ニュースがたくさんあるけど、良い報告を聞いたことがほとんどないね。
何も出来ない私としては、もっと早い復興を心から願っているよ。
前にあったニュースでは、仮設住宅に住んでいて、犬も飼っているご家庭を取材していた。
犬を飼うのは、普通の家庭でもかなりの費用がかかるもの。
それなのに、被災したにもかかわらず、犬を飼っているのを見て、それほどにも愛犬を捨てるのが許せなかったのかなあ・・・と思いました。

それに比べて、うちは幸せだなあ・・・。

でも、私はこの幸せを、震災が起こってから思い知らされたんだ。

これからは、この幸せをかみしめて、ゴン太とともに暮らしていこうと思います(^^)

・・・あ、反抗期なのは少々、ご了承くださいね?(笑)
| ぶぶにゅん | 2013/03/16 4:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087163
トラックバック