CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 彼岸花 | main | 砕氷艦『しらせ』 >>
大和ミュージアム
すごーく久しぶりに愛媛県に出かけました。その帰り道、広島県呉市にある『呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)』に立ち寄ってきました(^^)

大和ミュージアムではちょうど特別展『客船の旅』が開催中。古くは大戦前に客船として建造されながら、戦争によって運命を狂わされて航空母艦『冲鷹(ちゅうよう)』に改造され、のちに戦いの中にその姿を没することとなる『新田丸』のお話から、現在の20万トンを超える超大型豪華客船まで、日本や世界の客船についての展示がされています。

特別展示室を出てから常設展示室へ入ると、入る前から見る気がなくても見えてしまうほど圧巻の展示物がひときわ目を引きます。それがこのミュージアムの主役、旧日本海軍の呉工廠(現在はIHIの造船所となっている)で建造された『軍艦大和』実物大10の1という超巨大模型です。ちなみに、よく『艦大和』といわれますが、もともと『戦艦』とは艦種分類上の名称。艦名として、正式には『艦大和』です。

大和
模型の『大和』艦尾方向から。その機能に徹した美しさ、まさに『人類が再び見る術を持たぬ、鋼鉄の芸術品』。ちょうど艦橋の前あたりが展示回廊の入り口。

『大和』は太平洋戦争開戦直後の昭和16年12月16日に就役しました。当時すでに戦いの花形は40km弱の射程しか持たない戦艦から、その10倍以上の距離を攻撃範囲に収める航空機へと移りつつあり、実際『大和』は目立った戦果を何もあげられぬまま、終戦が目前に迫る昭和20年4月7日、もはや帰趨の決した戦争を清算するかのように、わずかな護衛を伴って地上戦の始まった沖縄へ出撃、その途上、激闘のすえ多くの乗組員をその懐にいだいたまま海中へ没しました。まさに太平洋戦争の盛衰を象徴するような艦といえるでしょう。

また、艦砲として世界最大の45口径(※注1)18インチ(約46cm)砲を搭載するなど日本の造船技術の粋を集めた『大和』は、その存在自体が厳重に秘匿されていたことや、同型艦(※注2)を含めて完成が開戦後であり、戦争中に全艦喪失しているため写真などの残存資料も少なく、しかし悲惨な歴史の伝承として、その技術の平和伝承として、このように資料が集められているのはとても貴重なことだと思います。
(※注1)
口径=銃砲身の長さの単位で、銃砲弾の直径の何倍かで表す。短いと製造が容易で銃器も軽くなるが威力や射程、命中精度が落ち、長いほうが製造がより困難で重くなる代わり威力、射程、精度とも上がる。使途やコストの兼ね合いによって最適な長さが選ばれる。
(※注2)
・同型1番艦『大和(やまと)』昭和12年呉海軍工廠にて起工、同16年就役、同20年菊水1号作戦(いわゆる沖縄洋上特攻)において、九州南方にて戦没。
・同型2番艦『武蔵(むさし)』昭和13年三菱重工長崎造船所にて起工、同17年就役、同19年捷1号作戦(レイテ沖海戦)において、フィリピン・シブヤン海にて戦没。
・準同型艦『信濃(しなの)』昭和15年横須賀海軍工廠にて起工、いったん建造中断ののち同19年に航空母艦として未成状態で就役したが、その就役からわずか10日後、横須賀から瀬戸内海へ疎開の途中、アメリカ軍潜水艦の雷撃を受け紀伊半島沖にて沈没。同艦は第二次大戦中に就役した、世界最大の空母である。
・準同型艦『111号艦(仮称)』昭和15年呉海軍工廠にて起工、同17年に戦争激化のため建造中止、解体処分。


巨大模型をぐるりと回って隣の展示室に入ると、濃緑に日の丸がひときわ映える塗色の小型戦闘機が目に入ってきます。太平洋戦争全期にわたり日本海軍の主力機として活躍した『零式艦上戦闘機(※注)』の中でもほぼ最後期型にあたる、62型と呼ばれる機体の実機です(塗装も局地戦用の後期色)。三菱重工が機体設計を行い、中島飛行機(現在の富士重工:スバル)のエンジンを搭載し、就役当時としては世界最高水準の飛行能力と格闘能力を兼ねそなえた、日本航空技術の集大成とでもいうべき航空機でした。
(※注)
通称れいせん・ぜろせん。連合国軍はその高い格闘戦能力に敬意を込めて“ゼロ・ファイター”やドイツ語で勝利を意味する“ジーク”と呼んでいたとか。


零戦62型
零戦62型。かつて琵琶湖に沈んでいた機体を引き揚げたものだとか。プロペラの陰になっていますが、そこにあるのは零戦のエンジン、中島製の名機『栄31型発動機』。

造船技術はともかく、航空機技術は兵器製造に直結することから、日本は終戦とともに連合国軍によって航空機の設計・製造を封印され、かつて東洋一を誇った航空機技術はここに途絶えました。現在では一部の小型機に国産が存在するのみで、旅客機や戦闘機など大型機・高性能機は外国メーカーの設計した機体を輸入するか、そのライセンス生産を細々と行うだけになっています。兵器技術であるというだけで、誇るべき日本の技術が失われてしまったのは、とても残念なことです。

・・・なんか今回は長々とマニアックなお話になってしまいました。要するに言いたいのは、たとえ兵器という形ではあっても、それらは日本の誇る技術の結晶だということです(^^;)
| お出かけ | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087160
トラックバック