CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ゴン太の屋根 | main | 嘉年かかし祭り >>
宮島
今日はお盆前の最後になりそうな休日。ホントはゆっくり休みたいところだったんですけど、子供たちも退屈しているし、まあどっか行きましょうかということに。いつもは車ですが、今回はエコな電車でGo!であります(^^)

下松駅から電車に揺られて小一時間、岩国でいちど乗り換えて着いたのはNHKの大河ドラマ放映で盛り上がる『安芸の宮島』こと厳島の入り口・宮島口駅です。夏休み期間中ということで、平日にもかかわらず大勢の観光客で賑わっています。外国からとおぼしきお客さんもやたら見かけます。もしかしたら5人に1人くらいは日本人以外じゃなかろうかという盛況ぶりです(^^;)

鳥居
厳島神社の象徴、海上にそびえ立つ大鳥居。まさに圧巻。

いつもならば厳島神社拝観という定番コースから入るんですが、いい香りに誘われ今日はイキナリ名物の焼き牡蠣(カキ)から。ちょうどお昼時だったこともあり、食欲にはあっさり負けたというか(笑

お腹がいっぱいになったところで、再び散策開始。厳島神社の裏手を素通りして、しばらく行くとリニューアルオープンからちょうど1周年を迎えた『みやじマリン』こと『宮島水族館』が見えてきます。宮島の風景に溶け込むような、水族館とは思えないモダン和風なイメージの建物が特徴です(^^)

詳しい展示内容については水族館のHPをご覧いただく方が手っ取り早いので省略いたします(笑)が、イルカの仲間でスナメリという海獣だけはご紹介しときましょう。スナメリはイルカよりも少々小型で、背びれがほとんどないのが見た目の特徴です。人にもよく馴れるようで、水槽のアクリル壁越しに視線をくれたり明らかに人を意識した動きをするので、見ていて飽きません。以前から人気があり、この水族館のマスコットキャラクターのような存在です。

この宮島水族館、水族館としてはそう大規模なほうでもないため、早足で回るとあっという間に出口のおみやげ販売ブースに着いてハイ終わり、となってしまうので、写真を撮りつつゆっくり回ってみました。ワタクシはリニューアル前にいちど行ったことがありますが、今回はすごーく久しぶりだったということもあってけっこう楽しめました。ただ水族館は例外なく内部が暗く、写真を撮るには一苦労…(^^;)

宮島水族館
大水槽をゆったりと泳ぐ魚たち。キレイだけどなんの魚やらさっぱり分かりません(涙

で、下手な鉄砲もナントカで相当数の写真を撮ったのですが、暗い上にフラッシュが使えないという条件はいかんともしがたく、ピンぼけ・手ブレ・被写体ブレなど失敗の標本集みたいになってしまい、上のカットが数少ない『まあまあ』の作。魚、というよりはただ光を撮っただけになっちまいましたが(T_T)

水族館をあとにして、続いては厳島神社の大鳥居に沈む夕日を写真に収め、といきたいところだったのですが、なにせ電車なので早めに切り上げることになり今回は夕日のカットは見送りです。ホントはそれを見ずして何をか言わんや、というほど美しい光景だそうなんですけどね。
| お出かけ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087157
トラックバック