CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 懲りずにまたまた化石掘り | main | ヒロシマ >>
第63回全国植樹祭
27日に天皇・皇后両陛下も出席されて、第63回全国植樹祭が山口市の『山口きらら博記念公園』で開かれました。両陛下ご臨席の式典には事前に応募した招待者じゃないと入れないんですが、一般でも自由に植樹できるスペースが期間限定で開放されるということで、さっそく行って参りました(^^)

今回の植樹祭は山口県で開催されるのは56年ぶり2回目、山間部ではなく交通アクセスにすぐれた海沿いで開催されるのは史上初であるとかないとか。こういった堅苦しい行事にしては珍しく式典会場に隣接する広場でイベント『きららの森フェスタ』が開かれ、一般の人たちにも参加しやすいものになりました。フェスタには昨年の大震災被災地からの出品物も多く並び、足を止めるお客さんも多数。被災地支援にも一役買った植樹祭でありました。

自由植樹スペースとは別に式典招待者の植樹スペースが設けられているんですが、ワタクシたちはいちおう式典に応募してハズれたということで(笑)特別に招待者扱いでそこに入れてもらいました。ちょっとだけ得した気分(^^)v

植樹祭2012
調子こいてどんどん苗木を植えまくる二人。ここは雑木林、右奥の植樹地は栗林。2枚の写真を貼り合わせた境目がバレバレの一作(T_T)


時間的に式典が終了しておらず招待者の皆さんがまだ来ておられなかったので、植樹会場は一般のお客さんと我々のようなハズれ組の貸し切り状態。『お客さんが思ったより少ないのでどんどん植えちゃってください』ということだったので見境なく植えまくり、気がついたら一家で二十数本は植えちゃったのではなかろうかと。国土緑化という植樹祭の趣旨には添っていますが、いくら何でも植えすぎたか(爆

記念植樹とはいいつつ別に木に植えた人の名札などがつけられるワケでもないんですが、数十年後には立派な林(ちなみに『林』は人の手によるものをいい、『森』はまったく自然のものをいう)となっているであろう地に植樹できたのはいい思い出になりました。たとえ我々がいなくなるほどの時間を経てもなお、すくすくと育っていってほしいものだと思っています。
| 行事 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087154
トラックバック