CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 福岡モーターショー2012 | main | ミサゴ >>
海峡
昨日のことになりますが、娘がソフトテニスの試合だというので下関市陸上競技場の隣にある下関庭球場に出かけました。行きは足がなかったので、やむを得ずお友達のご家族の車に便乗させていただき、帰りはワタクシが迎えに行きました。

時間的にはすでに夕闇が迫る頃だったのですが、まっすぐそのまま帰るのもつまんないので関門国道トンネル人道に入ってみました(^^)

実は関門海峡を渡る方法は多彩に存在します。海を渡る連絡船、関門橋を渡る高速道路、新幹線が通る新関門トンネル、在来線の関門鉄道トンネル、そして車が通る関門国道トンネルです。そのうち唯一歩いて通れるのが、やっぱり唯一の部分二階建て構造になっている国道トンネルの下側を通る『関門トンネル人道』なのです。

自動車は有料の国道トンネルですが、歩行者は無料で通ることができます(国道トンネルを通れない原付や軽車両も人道を押して通る:車両のみ有料)。我々のような観光客も多く見かけますが、地元の人たちの貴重な生活手段であり、はたまたランニングコースにもなっています。

県境
二県にまたがる女(笑

その真ん中あたりには県境を示す線が引かれています。数年前にアニメ『名探偵コナン』恒例の秋の旅情ミステリーにも登場した場所です。その時には登場人物のひとり・毛利小五郎が県境の上で『二県にまたがる男』というギャグを飛ばし主人公のコナン君に呆れられていましたが、せっかく来たのでマネしてみました。実はおんなじことをしつつ写真を撮る人が多い名物スポットでもあります(^^;)

夕日
関門橋の下をくぐり、水族館『海響館』あたりに沈もうとする夕日

門司側の出口を出て振り返ると、ちょうど夕日が海峡ゆめタワーを望む方向に沈むところでした。写真はイマイチですが、なかなか画になる風景でした(^^)
| お出かけ | 09:30 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
自動車でしか通行したことないなぁ〜。自分もいつか二県跨いでみよう。
| kirin | 2012/02/13 10:12 PM |
ようこそ〜(^^)/

実はワタクシも人道を通るのは2回目です。入り口の駐車場はあまり広くないし、ずーっと車を止めっぱなしにするのも気が引けてあまり行ったことがないんですよ(^^;)

ということで、次に行く時は周辺の観光をかねてちゃんと駐車場を調べてから行こうと思っています。
| いもむし | 2012/02/14 6:07 AM |
んー、久しぶりに見たー。
あの夕日は忘れがたいものだよね。

ずっと、夕日が沈むまでビデオ撮影してたもんね〜、さすがに腕が疲れたよね(笑)
でも、綺麗だったから良かった・・・かな?

また行きたいな。
・・・ヒマになれば・・・ね(笑)
| ぶぶにゅん | 2013/03/19 12:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087149
トラックバック