CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 新年明けまして | main | 海峡 >>
福岡モーターショー2012
残念ながら昨日ですべての日程を終了してしまった福岡モーターショー2012ですが、ワタクシ、28日の土曜日に息子連れで見に行って参りました(^_^)v

リーマンショック以降の世界同時不況のあおりで出品するメーカーが激減した数年来から、ようやく復帰するメーカーが増えてきた今回。国産車メーカー・輸入車メーカー・その他と会場が3つに分かれるという盛況ぶり。福岡サンパレスを挟んで福岡国際センター(輸入車)、福岡国際会議場(その他)、マリンメッセ福岡(国産車など)とぜんぶ見て回りたかったのですが時間的にムリがあるので、ターゲットはマリンメッセに設定。

お目当ては九州初上陸となる『グランツーリスモ・レッドブルX2010』という架空のレーシングカーの1/1モデル。実際に走ることはできませんが、レーシングブランドの名門『レッドブル』が機能デザインをおこなった、実在すればタイヤに動力を伝えて走る車としては、間違いなく『地上最速』です(^^)

はやと&X2010
ブスけた息子のうしろにX2010がちょっとだけ写ってます(笑

黒山の人だかりの隙間から垣間見える平べったい車が『レッドブルX2010』でした。実際には走れないと言いつつも、もはやゲームというよりドライブシミュレーターというほうがしっくりくる『グランツーリスモ5』というゲーム中では走らせることができます。ワタクシも走らせてみたけど…F1カーをも楽勝でぶっちぎる時速500km近い速さに目も操作もぜんぜんついて行けん、という空恐ろしいシロモノです。そ、それが我が目の前に!

続いてX2010のコーフンさめやらぬうち、コンパニオンのお姉さん方に誘われて(笑)やってきたのがスズキのブース。歴代の所有車がスズキばっかりという我が家では見慣れたモデルが並んでいますが、一段高いところに置かれた白とオレンジの丸っこいコンセプトカーに目が行きました。『Qコンセプト』というこの車は、他のメーカーも開発に力を入れている短距離コミューターというべきカテゴリーの車です。

はやと&Qコンセプト
いつもはムッスリとした息子が珍しく笑ってくれた瞬間をパチリ。背景は『Qコンセプト』のリヤビュー。

ということで早々にタイムアップ。ホントは二輪車も輸入車も見たかったんですけど、残念ながら翌日が仕事&部活なので時間切れです。近かったらもう少しじっくり見られるのに、福岡にお住まいの皆さんがうらやましく思いました(^^)
| お出かけ | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ごぶさたしております。

モーターショーって幾つになってもワクワク出来るので大好きなんですが、地元幕張開催でもなかなかスケジュールが調整出来ず随分御無沙汰です。

X2010って昔でいう「グループC」のマシンのフロントセクションがフォーミュラーカーのようなデザインでしたっけ?
近年、エコカー全盛で国産車でもスポーツカーと呼べる尖がった性能の車も減っておりますから、夢の車ですよね。自分のように間もなく10万キロに達する国産おんぼろワンボックスオーナーには値段も夢のようですが^^;

沢山の車でたっぷり目の保養もされたご様子で何よりです。
| Kabocha | 2012/01/31 10:52 PM |
ようこそ、Kabochaさん(^^)/

いえいえ、こちらこそご無沙汰しておりましてm(_ _)m

実はこれほどの規模のモーターショーを見に行くのは初めてでして。ほかのお客さんがたも人数が多いうえに若い人から小さな子供連れ、さらには年配の夫婦連れなど幅が広いのに驚きました。

おっしゃる通りエコカーばかりで走りを前面に出した車が少なくなっていますが、そのぶん各メーカーとも一車種でもスポーツモデルを出展しようとしている努力は散見されましたけれども(^^;)

で、X2010といいますと、フォーミュラカーにコクピットを覆うキャノピーを取り付け、さらに全輪をフルカバーしたような格好をしています。さらに車体下の空気をファンによって強制的に吸い出し、強烈なダウンフォースを発生させるファンカー技術が使われているのが特徴らしいです。実際に作ったとしたら、レギュレーションの関係で出られるレースはないんでしょうけど。まさに夢の車ですね(^^)

>間もなく10万キロに達する

ずいぶんと大切に乗っておられるようで、車もきっと幸せでしょう。Kabocha号には及びませんが、わが愛車もいつの間にか9万キロを迎えようとしています。スポーツカーを手放して久しいので、次に車を手に入れる機会があるなら、スポーツカーもしくはスポーツタイプがいいなと思っていますが、分相応に黄色いナンバーの車に乗っていたりして…(^^;)
| いもむし | 2012/01/31 11:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087148
トラックバック