CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< チューリップ | main | 思えば遠くへ来たもんだ >>
トンボ
久しぶりに、山口県立きらら浜自然観察公園に行って参りました(^^)

野鳥の飛来で知られるきらら浜ですが、夏は飛来する渡り鳥は少なく、留鳥のカルガモやサギ類などが観察ホールからちらほら見られる程度。声だけ聞こえて姿がなかなか見えないのはウグイスやオオヨシキリあたりでしょうか。ちょうど引き潮の時間だったこともあり、小一時間粘っても魚しか食べない鷹・ミサゴさえ現れないので、観察ホールを出て園内を歩くことにしました。

すでに初夏の風は通りすぎ、まだ梅雨時分だというのに真夏の日差しが降り注いでいました。公園は海沿いの干拓地なので風がよく通って気持ちいいんですが、それでも凪ぐと汗が噴き出してきます(ToT)

夏はトンボの季節でもあります。きらら浜にもたくさんのトンボが生息していて、この時期は多く見ることができます。そんなトンボたちにカメラを向けていたら、どえらい数のシオカラトンボに出会いました。

トンボ
トンボ、鈴なり状態・・・(^^;)

この日知り合った方とご一緒させていただいて写真を撮り歩いたのですが、その方もビックリ。この日4匹(4頭、ともいうらしい)ほどが1本の枝に止まっている写真を撮ったそうなのですが、8匹もいっぺんに止まっているのを見るのはあまりないとか。その珍しいシーンに出会ってラッキー♪(^o^)/

肝心の写真はウデマエ相応のピンぼけですが、その賑やかな様子はご覧の通りです(^^)
| お出かけ | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
シオカラトンボすっかり見なくなってしまいましたね。見つけるのさえ大変なのに鈴なりにいるなんてホント珍しい。
| kirin | 2011/06/29 7:48 AM |
この公園には『ビオトープ』と呼ばれる自然の生態系を再現した一角があります。そこでトンボをはじめ、いろいろな生物が自然に生きているんですよ(^^)

地味ではありますが、今どきこういう取り組みは貴重だと思います。
| いもむし | 2011/06/30 6:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087142
トラックバック