CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 岡山後楽園 | main | 運動会2010 >>
小さな同居人
7月の半ばごろのことです。なにやら庭からにゃーにゃー仔猫らしい鳴き声が聞こえてきました。が、あたりを見回せど姿は見えず。さんざん探し回ること数分、声の主はどうやら車のエンジンルームの中に迷い込んでしまったよう。ボンネットを開け、手をさしのべると、出てきたのは生まれて1ヶ月ほどかと思われる、かわいい仔猫♂でしたきゃvネコ

ツーショット
ゴン太と仔猫のツーショットです

ほとんど人を恐れないところを見ると、どうやら母猫とはぐれて間もない様子。放っておいて母猫が現れなければ飢え死にしてしまうし、かといって家の中で面倒を見てやれる環境でもないので、悩んだ挙げ句に思い切って我が家のお庭番・ゴン太に預けてみました。

レトリーバーという犬種は他の生き物との親和性が極めて高いとは聞き知っていましたが、ゴン太もひととおりニオイをかいた所でアッサリ仔猫を受け入れてくれました。これには少々驚きましたが、仔猫のほうも1日もたたないうちに自分の数十倍も大きいワンコに馴れてしまって、これまたビックリです。

同居
とある朝。ネコ、すっかりリラックス。

ネコにしてみれば、大きなゴン太のそばにいれば守ってもらえるようで安心なのかも知れません。暑い日中にはゴン太の横でお腹を出して熟睡しています。この日も朝からゴン太のおもちゃ箱の中に入ってくつろぎ中です。雨の日などゴン太を差し置いて犬小屋の中で寝てしまうほど大胆なので、ゴン太のほうがちょっと気を遣っているのかも知れませんね(^^;)

ぬこ
なぜか未だに名無しネコ。『ぬこにゃー』とか単に『ネコ』とか呼ばれています。

囲いの中から出られないゴン太と違って出入り自由なネコですので、間もなく出て行ってしまうんじゃないかと思って別に名前もつけずにいましたが、予想に反してずーっとゴン太といっしょに住んでいます。相変わらず自由に出かけたり帰ってきたりしていますが、そろそろちゃんと名前をつけてやらなければと思っています。
| ペット | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/09/18 12:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087135
トラックバック