CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 故障中 | main | 小さな同居人 >>
岡山後楽園
こないだ会社の労働組合の集まりがあったので、はるばる岡山市まで出かけて参りました。でもただ会議だけじゃつまらないので、ついでに金沢の兼六園・水戸の偕楽園と並ぶ"日本三名園”のひとつ、岡山後楽園にも行ってみました(^^)

岡山城
後楽園から岡山城方向

岡山後楽園は、約300年前の江戸時代に岡山城から見下ろす河原に造られた、藩主専用の庭園です。が、特別の許可があれば一般人の入園も認められていたようです。明治期には岡山県へ譲渡され、今に受け継がれています。

残念なことに大戦末期の岡山大空襲により、岡山城もろとも園の大半が焼失してしまいましたが、往時の資料などを元に復元され、江戸時代の姿を取り戻しました。また、一部には戦災を免れ、江戸時代の姿をとどめる建物も残っています。

この日は蒸し暑い薄曇りの日でしたが、お昼前には多くの観光客が訪れていました。景勝地だけのことはあり、普通の観光地とは違ってワタクシのように大きなカメラで写真を撮っていく人が多かったのが印象的でしたカメラ(^^)

後楽園
岡山城天守から後楽園方向を望む。シャチホコがこっち見てます(笑

さらについでに、漆黒の壁に金のシャチホコが美しい“金烏城”こと岡山城の天守に登ってみました。先ほど書いたように造営当初の姿は今はなく、現在の岡山城は鉄筋コンクリート造りで復元されたものです。しかし石垣の一部は当時のもので、赤く焼けただれた姿は戦災の恐ろしさを静かに伝えています。

内部は展望台となっている天守をのぞいて展示室となっており、甲冑や刀剣類など歴史的に価値のあるものが多く見られます。また実際に乗り込んで写真が撮れる殿様用(?)の『カゴ』や、これまた写真の撮れる人数限定の衣装着付けもあったりと、家族連れなどは特に楽しめそうですね(^o^)/
| お出かけ | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studio-imomushi.com/trackback/1087134
トラックバック