CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
惜別
終戦記念日の前々日のこと。カミさんのおばあちゃんが亡くなりました。たとえ義理でも『祖父母』と呼べるさいごの人でした。御年99歳の大往生。激動の時代を駆け抜けた、力強くたくましい人生でした。

90を超えてから足腰が弱りはじめ、ここ数年は痴呆の症状も出るようになり、カミさんの両親がどちらも病気がちで介護も困難なため、数年ケアハウス暮らしでした。なので、最後にお会いしたのはまだ健常で、ゆっくりながらも自分の足で歩いている元気なころだったと記憶しています。カミさんはもちろん、子供たちも何度かケアハウスを訪れていたので、いっしょに行けばよかったとそれだけは後悔しています。

葬儀は終戦記念日でした。戦争で夫(つまりおじいちゃん)を亡くし、女手ひとつで子供たちを育てなければならなかった人生。誰よりも戦争の痛みを知っていました。そのおじいちゃんが亡くなったのは、昭和20年3〜4月のフィリピン・マニラ周辺(推定)。昭和19年秋に勃発した史上最大規模の海戦・比島沖海戦(日本側の作戦名・捷号作戦)の大敗により日本の連合艦隊は事実上壊滅、制海・制空権を完全に失ったフィリピンの日本軍も孤立無援となりました。翌20年にはじまったマニラ市街戦でも圧倒的な戦力差の前に日本軍は敗走、通信兵を務めていたというおじいちゃんは、その直後の混乱の中、命を失ってしまったのです。

おじいちゃんは今でもフィリピンのどこかに眠っています。おばあちゃんも大戦終結後、慰霊団に加わってマニラを訪れましたが、おじいちゃんが亡くなった日も時間も、そして遺骨がある場所も分からないままでした。おじいちゃんは出征前、生まれたばかりの唯一の男の子(つまりカミさんのお父さん)を頼むぞと言い置いて出かけていったので、おばあちゃんは悲しむ間もなくそれこそ必死で働いて、子供たちを育て上げました。そんな苦労を知るお父さんの悲しみもいかばかりかと思うのです。

お盆も過ぎて、亡くなった人々の魂も懐かしい家から神の国へ帰ってゆく頃。おばあちゃんの魂も里帰りしていたおじいちゃんの魂と久しぶりに出会い、きっと手に手を取って還っていかれたのでしょう。
| その他 | 23:38 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
あけましてm(_ _)m
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ちょっと遅くなってしまいましたが、今年の年賀状です(^^)

年賀状2009
| その他 | 14:10 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
残念至極
ども。ご無沙汰しております。久々に現れたと思ったら、くらーい話題でたいへん恐縮ですm(_ _)m

なんとなく日々を過ごしている間に、金融危機はとどまるところを知らず、株価は低迷するわ円高は90円を割り込むまでに進行するわ、不景気の波は深刻なレベルにまで押し寄せています。このところの新聞の経済面を読んでいるだけで、胃が痛くなりそうです。

不景気というと色々なところに影響が出ますが、経済的には基幹産業である自動車関連への影響が特に目立ちます。かの巨人・トヨタでさえこの期は赤字になりそうだとか。一時は一兆円を超える利益を上げていた大企業でさえ、その波にあっぷあっぷしている状況です。そのため、すでに国内外の工場で90万台以上の減産を決めているのだそうです。日本車全体に視点を広げると、減産はなんと210万台以上に達しています。

ホンダも減産の上にF1(フォーミュラ・ワン)選手権から完全に撤退するそうで、連鎖反応を心配していたら他のメーカーにも次々と飛び火。15日にスズキが今年フル参戦を開始したばかりのWRC(世界ラリー選手権)を、来年から参戦を休止する(復帰時期は未定)と発表。その衝撃もさめやらぬ翌16日には、今度は富士重工業(スバル)がWRCへの参戦終了を発表するというダブルショック。ついに来年からWRCに参戦する日本メーカーは、すべて姿を消すことになってしまいました。

WRCをはじめとするモータースポーツを愛するワタクシとしては誠にもって残念です。どのメーカーにももっとがんばってほしかったのですが…。青や黄色のワークスカラーや、ドライバーたちにもう会えないと思うと、やりきれない気持ちです。

インプレッサ&SX4
左:スバル・インプレッサ WRC 2008 (メーカーHPより)
右:スズキ・SX4 WRC (メーカーHPより)
ともにラリージャパン2008で、北海道の大地を駆ける勇姿


もっともF1もWRCもチーム運営には年間数十〜数百億円という、とんでもない額のお金がかかるのも確かです。先の全く見えない五里霧中といってよい現在の状況では、自動車メーカーも慎重にならざるを得ないということなのでしょう。

WRC参戦を休止したままの三菱を含め、これらメーカーの早い復帰と、早い景気の回復をともに願いたいと思います。
| その他 | 22:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |