CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ぐぴ赤
コラコラ、いきなり『ぐぴ赤』って何のこっちゃい!・・・って声が聞こえてきそうなタイトルではありますな(^^;)

ぐぴ親
これはグッピーの親。ピントが合ってません(T_T)

ワタクシが勝手に名付けたんですが、熱帯魚『グッピー』の赤ちゃんだから『ぐぴ赤』。・・・ぐうの音も出ないほど、そのまんまですけど。ちなみにグッピーは直接稚魚を産む『卵胎生』の魚。運がよければめでたい『出産』の場面に出会えるかもと目をこらしていますが、今のところその場に出くわしてはおりません(^^;)

ぐぴ赤2
こっちがグッピーの赤ちゃん。大きさを比べるものがないので分かりにくいですが、稚魚から幼魚へ成長中の、1cmにも満たない個体。生まれたときには半透明だった体に、徐々に模様が表れています。

ず―――――っと前に、玄関先に鎮座ましましている金魚水槽のことをこのブログに書いたと思うんですが、その後クサガメが増えアブラボテ(タナゴの仲間の川魚)が増え、ついにはまったくジャンル違いの熱帯魚であるグッピーが仲間入り・・・。ということで、我が家の玄関先にはどう考えてもジャマなスチールラックに大きな水槽が3基、さらにその手前にも小さな水槽が置かれて、もはや足の踏み場どころじゃございません(T_T)

別に観賞魚マニアというわけではないのですが(→それだけいれば十分だろ・汗)、特にグッピーについては放っとけば勝手にどんどん増えるという下知識なしにうっかりもらってしまったもんだから、もう大変です。最初は温度や水が合わなかったのか自然と減る一方だったのですが、たまたま数匹の赤ちゃんグッピーが片っ端から親グッピーに食われるのを目撃してから狭い水槽をやめて、大きな水槽に環境移行。そしたら明らかに食われるより逃げ延びて生き残る数が増え、現在のところ、よぉーく見たら水槽の底に数えるのが面倒くさくなるほどのぐぴ赤の群れが。コレはある意味失敗だったかゞ( ̄∇ ̄;)

ぐぴ赤1
写真を撮ろうと思ったら、予想以上にすばしっこくてやっぱりピントが合わん。これはさっきのより前に生まれた1cmをちょっと越える個体。

なお、グッピーは熱帯魚に属する魚の中ではもっとも丈夫な部類に入る、飼いやすい魚。メダカそっくりの外観をもつカダヤシ(※注)の仲間なのであまり大きくならず、数匹なら小さい水槽でも飼えます。前述の通り繁殖も容易で熱帯魚飼育の入門用としては最適である反面、放っておくと見境なく交配するため美しい姿をもつ個体の子孫を系統として維持するのは極めて困難であり、その奥深さから『熱帯魚飼育はグッピーに始まりグッピーに終わる』とも。

ただし飼育が容易といっても管理温度帯にはシビアで、適温は26℃前後の狭い範囲。夏ならば室内でも簡単に30℃を越える高温も、意外にもグッピーには禁物。常に室温をおおむね25℃程度に保つことができなければ(グッピーのためだけにエアコンをかけっぱなしにできる人はあんまりいない、と思う)冷却ファンが、逆に冬にはヒーターが必要です。

見た目は少し大ぶりなメスに対して、オスはやや小柄。しかしオスは個体によってまったく異なる派手な色・模様・ヒレの形で見るものを楽しませてくれます。このぐぴ赤たちはどんな色に成長するのでしょう。今からとても楽しみです。っちゅうか、どこまで増えるんでしょうね…(^^;)

※注:カダヤシは日本の在来生物に害を及ぼす特定外来生物に指定されており、飼育や譲渡が厳しく制限されていて国内に帰化した個体を含め勝手に飼育することはできません。メダカは尾びれが角ばっているのに対しカダヤシは丸くなっているのが一番の識別点です。またグッピーも特定外来生物ではないものの要注意外来生物には指定されており、温暖地や温泉地など冬でも水温の高い所では寒さに耐えて繁殖する場合があり、在来種の生存を脅かしている例も実際にあるので、絶対に川などに放流してはいけませんよ!
| ペット | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴン太の屋根
我が家のお庭番、ワンコのゴン太。実はというと、ゴン太の暮らしている庭には屋根がありません。当然のことながら、雨が降るたびゴン太がずぶ濡れになるので屋根の代わりにブルーシートを何枚か張っていたのですが、風が吹けばばたばたするし降れば雨漏りするし、およそ快適というにはほど遠い環境。ついでにいうと見た目もかっこわるいし。で、一念発起して経費をどうにかひねり出し、すってんてんにはなったものの長年の懸案であったゴン太の屋根がこのたび完成しましたー(^o^)/

ゴン太のお庭
日除けブルーシートのおかげで、せっかくの新品屋根も下からは見えずorz

うっとうしいブルーシートが取っ払われてアルミ製のテラスが新設され、外から見ればずいぶんとキレイになりましたが、キレイな代わりにそのままでは薄いポリカーボネート波板を素通りして真夏の日光が直撃、暑くてたまらんので屋根の下にやっぱりブルーシートを張る羽目に。結局のところは何らかの日除けが必要だったってことに今さら気づいたというか(T_T)

ま、下からの眺めはご覧の通りですが雨漏りからだけは解放されたし、日除けに多少の工夫が必要なのは仕方ないかと思いつつ、以前より少しピシッと張られたブルーシートを見ながら、ひとり悦に入るワタクシなのでした(^^;)
| ペット | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
我が家のお庭番、ゴン太の庭にネコがやってきてペットが増えたなぁと思ったのが、つい先日。ワンコにネコに金魚が数匹と、メダカ数匹。あといないのはハ虫類と両生類くらいかなぁと思っていたら、ペットとして人気のハ虫類、カメをもらってしまいました(^^;)

カメ
カメ、元気にお食事中

もっとも、もらったというより世話を頼まれた、という感じなのですが。でも人に飼われていただけあって、ずいぶんと人に馴れています。調べてみたら顔を覚えるのはムリらしいですが、人そのものにはなつきやすいみたいです。水槽に近づくとカメはガラスの方に寄ってきて、まるでエサを催促しているようです(^^)


で、肝心の種類はというと、色からして最近遺棄されて問題になっている『ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)』ではなさそう。どうやら日本や中国に生息している『イシガメ』のようです。育てやすさはどちらも同じくらいで、水槽の水替えなどをしっかりしてやれば『鶴は千年、亀は万年』は大げさでも、丈夫でけっこう長生きするようですよ。


                       - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


P.S.


テトラン


やっとネコに名前がつきました。紆余曲折の結果『テトラン』に決定。この名を聞いて、お!と思ったあなたは かなりのゲーム通ですね(笑)。『テトラン』は1986年に発売されたコナミの伝説的シューティングゲーム『沙羅曼蛇(サラマンダ)』の第2ステージに登場する、ボスキャラの名前です。ついでに宮崎駿さんの出世作『風の谷のナウシカ』の主人公のペットの名前が『テト』というので(ネコっぽいですが、イヌ科のフェネックがモデルらしい)、ここからもきています。


:デザインが何となくネコの顔に似ていて、当時人気だった映画『仔猫物語』の主人公ネコ『チャトラン』と、攻撃・防御両用の手(足?)が4本あることから『テトラン』という名前になったそうです。

| ペット | 13:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな同居人
7月の半ばごろのことです。なにやら庭からにゃーにゃー仔猫らしい鳴き声が聞こえてきました。が、あたりを見回せど姿は見えず。さんざん探し回ること数分、声の主はどうやら車のエンジンルームの中に迷い込んでしまったよう。ボンネットを開け、手をさしのべると、出てきたのは生まれて1ヶ月ほどかと思われる、かわいい仔猫♂でしたきゃvネコ

ツーショット
ゴン太と仔猫のツーショットです

ほとんど人を恐れないところを見ると、どうやら母猫とはぐれて間もない様子。放っておいて母猫が現れなければ飢え死にしてしまうし、かといって家の中で面倒を見てやれる環境でもないので、悩んだ挙げ句に思い切って我が家のお庭番・ゴン太に預けてみました。

レトリーバーという犬種は他の生き物との親和性が極めて高いとは聞き知っていましたが、ゴン太もひととおりニオイをかいた所でアッサリ仔猫を受け入れてくれました。これには少々驚きましたが、仔猫のほうも1日もたたないうちに自分の数十倍も大きいワンコに馴れてしまって、これまたビックリです。

同居
とある朝。ネコ、すっかりリラックス。

ネコにしてみれば、大きなゴン太のそばにいれば守ってもらえるようで安心なのかも知れません。暑い日中にはゴン太の横でお腹を出して熟睡しています。この日も朝からゴン太のおもちゃ箱の中に入ってくつろぎ中です。雨の日などゴン太を差し置いて犬小屋の中で寝てしまうほど大胆なので、ゴン太のほうがちょっと気を遣っているのかも知れませんね(^^;)

ぬこ
なぜか未だに名無しネコ。『ぬこにゃー』とか単に『ネコ』とか呼ばれています。

囲いの中から出られないゴン太と違って出入り自由なネコですので、間もなく出て行ってしまうんじゃないかと思って別に名前もつけずにいましたが、予想に反してずーっとゴン太といっしょに住んでいます。相変わらず自由に出かけたり帰ってきたりしていますが、そろそろちゃんと名前をつけてやらなければと思っています。
| ペット | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
金の小粒
我が家のお庭番・ゴン太の名付け元(パクり元?)、ペットフードのサンライズから新しいドッグフードが発売になりました。HPを見ていたらサンプルをいただけるらしいので申し込んだら…その翌日には速攻で届きました。いやいや、速い速い…(^^;)

金の小粒
金の小粒。

フードの名前は『金の小粒』。最近流行の柔らかい半生タイプです。国産のお米をベースにしており、国内で生産されています。小型犬から高齢犬まで対応する数種類あり、届いたのはゴン太のような成犬向けの普通タイプです。

粒はかなり小さめなので小型犬でもラクに食べられる大きさです。でもラブラドル・レトリーバーのゴン太のようにホッペタが垂れているワンコは、ホッペタと歯ぐきの間にフードが入りやすくて、小粒なフードは少々食べづらいのが常。ワンコにはハムスターみたいなほお袋はないですからね(-_-)

で、ものの試しとばかりにいつものドライフードにトッピングする形で与えてみたところが、食いつきもよく、ほお袋の中に入って困っている様子もナシ。…ほう。コレならいいじゃん犬

毎日おんなじドライフードを文句も言わずに食べてくれているゴン太ですが、さすがに食感が柔らかいと生肉みたいでうれしかったんでしょうかね(^^)
| ペット | 08:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
フィラリア
毎年のことなのですが、梅雨に入る前後になると我が家のお庭番・ゴン太のワクチン接種という恒例行事があります。ワンコがかかりやすい感染症を防ぐのに、毎年この時期に動物病院にかかりに行きます(^^)

予防接種
注射する時には怖がってたクセに、帰ってきたらケロッとしてるヤツ(^^;)

ついでに欠かせないのが病院での体重測定。別にワンコ版メタボ検診というワケではなくて(いや、それもアリかも・汗)、蚊を媒体として広がるフィラリア症を防ぐ飲み薬の量を決めるためです。

ちなみにフィラリア症というのは、糸状の寄生虫が犬の心臓に入り込んで成長することで心機能が低下し、最終的には死に至るという恐ろしい病気です。フィラリア症に感染した犬の血液には寄生虫の卵が含まれますが、それらから吸血した蚊がさらに他の犬からも吸血する際に感染を広げてしまうので、予防と感染対策が肝心なのです。

なお犬のフィラリア症を引き起こす寄生虫は、人には極めて感染しづらい種類で、人が感染するフィラリア症とは別のものです。日本国内において人のフィラリア症は、ほぼ根絶されたと考えられているようです。

てなわけで、犬にとっては致命傷になりかねない感染症なので、6〜11月の間は毎月1回の投薬と、特にゴン太のように屋外に住んでいるワンコにはヤブ蚊対策が必須となります。我が家の場合は、犬小屋の周囲2カ所に犬用の蚊取り線香をずーっと絶やさないようにしています。

コスト的にはなかなかバカにならないんですが、ゴン太が蚊に刺されにくくなるだけでなく、玄関脇に犬小屋があるおかげで人の出入りの際に建物の中に蚊が侵入するのを防いでくれるという、うれしい副作用も生んでいます。おかげで、家の中では滅多に蚊取り器いらず♪です(^^)
| ペット | 22:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
クワガタムシ
ワタシの職場のある『玖珂(くが)町』はどっちかというと山間部にあります。米軍基地で知られるおとなり岩国市(現在では岩国市に合併されましたが)のベッドタウンとなっているので、人口は案外と多いらしいんですが。

しかし町中を一歩ぬければ田んぼやら一面に緑が広がる自然豊かなところでもあります。夜ともなれば、看板などの明かりにたくさんの昆虫たちが集まってきます。時にはドアなどのすき間からお店の中まで進入してくるツワモノも。

クワガタムシ
ノコギリクワガタ

我が家の狭い水槽の中で迷惑そうにエサを食べているのは、先日お店の中で発見されたノコギリクワガタの雄です。店内清掃のおばちゃんが捕獲に成功したのを譲ってもらったのです。

一晩エサのない店内にいたので少し弱っていましたが、昆虫ゼリーを与えたら怒濤の一気食い(笑)。あっという間に回復してしまいました。…弱ってるのかと思ったら、ハラ減ってただけだったか(^^;)

さすが夜行性だけのことはあって、昼間はもっぱら飼育マットの中に潜って過ごし、夜になると出てきて昆虫ゼリーの一気食いに精を出しているようです。いっぱい食べて大きくなれよ〜(^^)

一通り観察することもできたので、自然に帰してやるべきか思案しているところです。でもどっちにしろ、長生きしてほしいもんだと思います。
| ペット | 13:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
予防注射
今年も予防注射の季節がやってきました。…といってもインフルエンザじゃありません。我が家のお庭番・ゴン太の狂犬病予防接種の話です。

ハガキ

いちおう飼い犬として登録しているので、市役所から接種案内のハガキが届きました。私の名前の下に、ちゃーんと『ゴン太』と書かれています。お堅いお仕事がイメージのお役所にしては気が利いているというか、思わず笑ってしまう宛名です(^^;)

しかし狂犬病というと世界的にも絶滅に近い状態にあるんじゃないかと思いますが、人間が感染して発症すると、治療法はなく確実に死に至るという恐ろしい病気です。危険は少ないとはいえ、予防できるならしておく方が安心です(^^)
| ペット | 15:01 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴン太
我が家のお庭番、ラブラドール・レトリーバーのゴン太(♂)です。まさにうなぎの寝床のような細長ーい庭で暮らしています。

ゴン太

2003年生まれの今年で3歳。人間でいうと25歳くらいだそうです。若い盛りなので、いっぱい食べるわ庭は掘り返すわ元気いっぱいです。

ちなみに『ゴン太』という名前、某ペットフードのマスコットキャラ『ゴン太』からいただきました。おんなじラブラドールなのでイメージがぴったりだったのでしょう。なんて名前にしようかと聞いたら子供たちが即決しました(^^)

ラブラドール・レトリーバーにしては少々小振りな体重29kgですが、さすがに跳びかかられると大人でも楽に押し倒されてケガしちゃいそうになるので、それだけはしないように訓練しています。だけど跳びかからないと分かっていても、この図体が全速で走り寄ってくるとけっこうコワいんですなぁ、これが…(^^;)
| ペット | 19:32 | comments(2) | trackbacks(5) | pookmark |
キンギョ
今日はお休みなので、玄関に据えてあるキンギョの水槽をちょっとだけ掃除しました。キンギョは去年の夏に、子供たちがお祭りの露店ですくってきたものです。

キンギョ

40リットル足らずの小さな水槽に、飼っている本人も何匹入っているのかよく分からない密度で泳いでいます。…ってか、動きが速すぎて数えられないんですなぁ(汗

さらに写っていませんが、右端のセパレーターで区切られた隙間にはメダカが2匹と小さなエビが6匹ほど住んでいます。うーむ、エアポンプ1台でよくエアレーション(水中への酸素補給)が間に合うなぁ…。

あまりの生き物の多さに通常のフィルター1基では浄化が間に合わず、メインフィルターのほか底面やスポンジなどのサブフィルターが3基、フル運転しています。それでもじきに汚れで目詰まりしてしまいます(^^;)

川などの流水と違って、水槽の水は水替えしない限り入れ替わりません。でも食べ残しのエサや生き物の排泄物で水はどんどん汚れていきます。人間に例えるなら、空気が汚れていくようなものです。放っておいたら死んじゃいます。

そこで浄化フィルターの登場となります。これは水中の不純物をフィルターに絡め取り、水棲バクテリアの助けを借りて分解・無害化する機能を持っています。それでもバクテリアが分解できない無機塩類は溜まっていくので、ある程度日数がたったら3〜4分の1くらいは水を入れ替えてやらなければいけないんですね。

たかがキンギョのお世話ですが、けっこう神経を遣うものです。
| ペット | 10:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>